1. HOME
  2. IR情報
  3. コーポレート・ガバナンス

IR情報

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

 当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、株主をはじめすべての利害関係者にとっての企業価値を最大化するための透明かつ公正なガバナンス体制を構築することであります。
 この基本方針の下、コーポレート・ガバナンスの強化・充実を経営の最優先課題と位置付けており、急速な経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる組織体制や仕組みを整備し、経営の透明性及び健全性の確保並びにアカウンタビリティーの明確化を図ることにより、コーポレート・ガバナンスの一層の強化に取り組んでおります。

会社の機関の内容

(1)会社の機関の内容及び内部統制システムの整備状況等

1. 取締役会

 取締役会は、取締役6名(すべて社内取締役)で構成され、定例取締役会は毎月開催し、臨時取締役会は重要な案件の発生の都度即座に開催しております。取締役会では経営に関する重要な意思決定を行うとともに、業務執行に対する監督機能を果たしており、さらに取締役会の意思決定に基づき、営業所を統括する全国11ブロック(支店)の責任者である支店長が責任を持って業務を遂行しております。

2. 監査役会

 当社は、監査役制度を採用しております。
 監査役は、常勤監査役1名と社外監査役2名をおき、監査役会で定めた監査計画に従い、取締役会等重要な会議等への出席、取締役等に対する営業報告の要求、重要な管理部門及び支店での規程規則の遵守状況の調査、連結対象会社の経営状況の調査等をするなど、厳正な監査を実施しております。また、内部監査部、会計監査人の監査結果の報告を求め、検討をしております。
 監査結果については、適時取締役会への報告をするとともに、その後の改善処置などについて監督しております。
 なお、会社と社外監査役との間には人的、資本的または取引関係その他の利害関係はありません。

3. 内部監査部

 社長直轄の内部監査部(2名)が、経営方針・法令・定款・各種規程等の妥当性・効率性等について内部監査を実施し、業務の改善に向け、具体的な助言、勧告を行いつつ、問題発生を未然に防止することを図っております。

4. 会計監査の状況

 当社の会計監査業務を執行した公認会計士は柏木忠及び池田哲雄であり、太陽有限責任監査法人に所属しております。同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行役員と当社の間には特別な利害関係はありません。
 また、当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、その他11名であります。

5. 監査役監査、内部監査、会計監査の連携

 監査役会、内部監査部及び会計監査人とは、相互に連携をとりながら効果的かつ効率的な監査の実施を行うよう随時情報、意見の交換及び指摘事項の共有化を行い、適正な監査の実施及び問題点、指摘事項の改善状況の確認に努めております。

(2)リスク管理体制の整備状況

 当社が認識する事業リスクについては、販売管理システムや与信管理システム等の社内ネットワークによる情報共有や、定例の取締役会への報告等に基づき、適切な対応を行っております。

(3)会社のコーポレート・ガバナンス充実に向けた取り組みの最近1年間における実施状況

  1. 取締役及び監査役が出席する取締役会を毎月1回の定時開催に加え、必要に応じて随時、臨時開催し、経営の基本方針その他重要事項を決定しております。
  2. 上期、下期の各期スタート月に支店長以上の研修・合同会議を開催し、支店長を通じ全社員へ経営方針の伝達を行っております。
  3. 定常的な業務運営上の重要事項については、支店長が出席する会議を四半期に1回開催し、進捗状況の確認及び効率的業務運営を行っております。